バックナンバーはこちらから

飯田 剛臣 作陶展

2006年は飯田氏の節目の年としてふたつの大きな流れの作品の展開です。
2000年に中国で龍泉窯の青瓷との出会いがあり、以来一生をかける価値を見出し研究を重ね、自身の青瓷を求める中、苦心の釉薬に明るい兆しの見えてきた新たな作品群。
25年間続けた原点ともいうべきあな窯での作陶に、一区切りをつけ集大成との思いをこめ、この秋、櫛形山のあな窯で焼かれた作品群。
どちらも飯田剛臣の今であり、大きな力量と未来を感じさせる展示をぜひご高覧下さい。

2006.11.11(土)〜11.18(土) 11:00〜19:00  会期中無休
■期間中作家在廊


マンスリーアーティスト:バックナンバー